FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 09

作曲と思索の愉しみ

オーケストラ作品の作曲・制作過程や、科学史と音楽史の研究にかかわる記録です。 森さちやの自作曲の公開も行います。 曲と思索を分かち合いたい。

適度に生きる、ほどよく生きる 

Posted on 10:22:28

 
 50代後半になって以降、食事の量が少し減ってきました。そして、毎回の食事において、「適量」を意識するようになりました。
 以前は、そんなことはあまり考えずに食べていたのですが、現在では、「適量」を感じ取って食生活を送る快適さがわかってきました。

-- 続きを読む --

テーマ - 人生を豊かに生きる

ジャンル - 心と身体

△page top

本を手放す快感―部屋のホメオスタシス― 

Posted on 08:57:49

 
 私は研究者なので、職業柄、ある程度の書物を、研究室と自宅に所有しています。
 けれども、その総数は、15年ほど前から、ほとんど変わっていません。
 毎年、100~150冊程度、購入していますが、不要になった本を、毎年、その冊数と同程度、処分しているからです。

-- 続きを読む --

テーマ - 博物学・自然・生き物

ジャンル - 学問・文化・芸術

学問論  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

論文「流行に左右される要因論」の紹介 

Posted on 10:20:24

 
 最近執筆した論文(*)が、ウェブ上に公開されましたので、紹介します。
 次のタイトルをクリックすると、PDFファイルが開きます。
 
「流行に左右される要因論 : スノーボール・アースとカンブリア爆発の要因論をめぐって」
(ファイル名:23-013-026.pdf)
 
山梨学院生涯学習センター紀要『大学改革と生涯学習』(第23号、2019年)に掲載された論文です。

-- 続きを読む --

テーマ - 自然科学

ジャンル - 学問・文化・芸術

△page top

宗教学と科学史の視座 

Posted on 08:39:00

 
 最近私は、自分の研究テーマの必要性に駆られて、宗教学の学習を始めました。そこですぐさま気づいたことなのですが、宗教学の学問的位置づけや視点は、私の専門分野である科学史の位置づけや視点とよく似ているようなのです。
 今回は、そのことを整理してみようと思います。

-- 続きを読む --

テーマ - 文明・文化&思想

ジャンル - 学問・文化・芸術

△page top

管弦楽曲<春の幻>新録音版を公開 

Posted on 11:48:27

 
 <春の幻>というタイトルは、『平家物語』の冒頭の有名な一節にある、「ただ春の夜の夢のごとし」を踏まえています。
 諸行無常、盛者必衰が感じられるでしょうか。
 

(YouTube へのリンクです)
 
-- 続きを読む --

テーマ - クラシック

ジャンル - 音楽

△page top

ブログ

カテゴリ

全記事一覧リスト

最新記事

コメントをどうぞ

最新コメント

最新トラックバック