FC2ブログ

2017/12/28

バッハのパッサカリアと、ロクリアン正岡氏のパッサカリア

 
 バッハの代表的オルガン曲<パッサカリアとフーガ>と、そのバッハの作品を踏まえて作曲したロクリアン正岡氏の<ピアノパッサカリア「壊教」1999>を、比較して試聴しました。
 二つの作品からは、顕著な音楽観の対比が感じられます。ロクリアン正岡氏の創作によって、バッハの<パッサカリア>の提示する世界像がよりよく見えてきました。

pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
ブログ

作曲と思索の愉しみ
全記事一覧リスト

全ての記事を表示する

コメントをどうぞ
ご意見・ご感想・ご質問などをお書き下さい。 このコメントは、ブログ上には掲載されません。

お名前:
メールアドレス:
タイトル:
コメント:

プロフィール

森さちや

Author:森さちや
管弦楽を中心とした作曲活動・音楽制作に取り組んでいます。
また、科学史や音楽史の研究をしています。

YouTubeでの森さちや・全曲

◎ウェブサイト
YouTube・森さちや

でも、森さちやの音楽作品を試聴できます。
こちらもどうぞ。
管弦楽組曲 ≪生命の海≫
 
第1楽章
<太古の水平線>
第2楽章
<アンモナイトの夜>
第3楽章
<アシカのメヌエット>
第4楽章
<海に眠る月>
第5楽章
<イルカの旅立ち>
ピアノと管楽のための六重奏曲 ≪山水のいのち≫
 
第1楽章
<谷の息吹>
第2楽章
<泉の精>
第3楽章
<山の霊>
管弦楽組曲 ≪幻想の四季≫
 
第1楽章
<春の幻>
第2楽章
<楽園の夏>
第3楽章
<秋の気流>
検索フォーム
QRコード
QR