FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 09

作曲と思索の愉しみ

オーケストラ作品の作曲・制作過程や、科学史と音楽史の研究にかかわる記録です。 森さちやの自作曲の公開も行います。 曲と思索を分かち合いたい。

管弦楽曲<時の波>を公開 

Posted on 06:53:45

 この管弦楽曲<時の波>は、人生をテーマとした作品です。
 遠浅の海岸べりに佇み、寄せては引く波の音を聴きながら、自分の人生を振り返り、来し方行く末に想いを廻らせます。
 

(YouTube へのリンクです)
 
 波打ち際では、生命の海から、いのちの飛沫が打ち寄せてきている気がします。そこでは人は、心が洗われ、甦っていきます。ゆったりとした時の波に乗せられて、生かされている人生の、多面的・複層的イメージを表現してみました。
 
 「波のモチーフ」「心のざわめきのモチーフ」が、曲の素材の骨格をなしています。
 「波のモチーフ」は、イントロのイングリッシュ・ホルンのソロの直後に、最初に提示されます。変形されて、何度も再来します。
 「心のざわめきのモチーフ」は、クラリネット・ソロによって最初に演奏されます。調性が不安定となっていくところでもあります。「ときめき」や「胸騒ぎ」を暗示しています。
 中間部のオーボエソロ(2:50頃~)は、実音が「波のモチーフ」とほぼ同じ並びで、調性が全く異なる(ニ短調)メロディーで始まり、変容を遂げていきます。
 
 人生への「追憶」から曲は始まります。そして、「葛藤」や「波瀾万丈」、「高揚感」、「黄昏」や「諦観」といった人生模様を意識して、作品を描きました。
 オーケストラに潜んでいる、表現能力を再認識しました。
 
 創作には、否応なく作者の人間性が刻印されてしまうものです。この<時の波>では、とりわけ色濃く、私の人生観が滲み出ているように感じます。
 私の葬式の際には、この曲を流してもらえたら、と思っています。
 
 2006年に作曲した初稿を、2017年3月と8月に全面的に書き直し、新たに音響制作しました。変ホ長調。
 
 この曲でも、<丹頂の輪舞><イルカの旅立ち><楽園の夏>などと同様に、音源、Garritan Personal Orchestraと、Proteus Orchestraをブレンドして、オーケストラサウンドを制作しました。
 
楽器編成:フルート2、オーボエ1、イングリッシュ・ホルン1、クラリネット2、バス・クラリネット1、バスーン1、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、チューバ2、ティンパニー、シロフォン、チューブラ・ベル、シンバル、チェレスタ、弦楽器群(ヴァイオリンⅠ・Ⅱ、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)。
 
静止画像は、1998年4月に南房総の館山にて(アナログカメラで)撮影した写真です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ - クラシック

ジャンル - 音楽

△page top

△page top

Secret

△page top

トラックバックURL
→http://wood248.blog.fc2.com/tb.php/227-cde5775b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

ブログ

カテゴリ

全記事一覧リスト

最新記事

コメントをどうぞ

最新コメント

最新トラックバック