08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 10

作曲と思索の愉しみ

オーケストラ作品の作曲・制作過程や、科学史と音楽史の研究にかかわる記録です。 森さちやの自作曲の公開も行います。 曲と思索を分かち合いたい。

論文の紹介―「エヴィデンス主義」への疑義― 

Posted on 09:02:19

 
 私が、勤務先の紀要に執筆した論文の紹介です。
 この論文では、教育成果を把握する方法として、エヴィデンスを軸とした手法には限界があること、そして、実証できる事柄のみが重要であると錯認してしまいがちな副作用があること、を示してみました。
 さらに、そのような“倒錯”の起源が、実証主義の元祖、ガリレオにあることを指摘しました。

 
森幸也「教育成果におけるエヴィデンス主義・実証主義の限界―ガリレオの倒錯―」
(山梨学院大学生涯学習センター紀要『大学改革と生涯学習』2016年3月30日)
↑クリックすると、論文のPDFファイルが開きます。
 
 
[御礼]同僚の先生方から、好意的なコメントや感想をいただきました。
 竹端先生、児島先生、ありがとうございました。
 なお、竹端先生は、ご自身のブログ、≪スルメブログ≫で、この論文を題材にした記事を書いて下さいました。論点を盛り込みすぎたかもしれない私の論文を、的確に要約しています。
 以下に、リンクをつけておきます。こちらもどうぞご参照下さい。

  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ - 大学

ジャンル - 学校・教育

学問論  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

トラックバックURL
→http://wood248.blog.fc2.com/tb.php/176-379d8cec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

カテゴリ

全記事一覧リスト

最新記事

月別アーカイブ

コメントをどうぞ

最新コメント

最新トラックバック