08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 10

作曲と思索の愉しみ

オーケストラ作品の作曲・制作過程や、科学史と音楽史の研究にかかわる記録です。 森さちやの自作曲の公開も行います。 曲と思索を分かち合いたい。

ヴァイオリン協奏曲「運命の変容」改訂版を公開 

Posted on 09:34:37


 魔性の楽器、ヴァイオリンのもつ本来の味わいを発揮できる曲を作ってみたい。
 相当以前からそう思っていました。
 ところが、想定していたヴァイオリン協奏曲のテーマも曲の構成や断片さえも、なかなか思い浮かんでこなかったため、この楽器のための協奏曲の作曲は棚上げ状態になっていました。


 ある明け方、夢うつつの状態でモチーフが湧いてきました。


 
ベートーヴェンの≪運命≫交響曲(第5番ハ短調、Op.67)のテーマに似ている。今浮かんだモチーフを管弦楽曲の素材として使えないだろうか。使うとしたら、どんな曲種にしたらいいだろう。≪運命≫を変容させた主題だから、大規模な管弦楽曲か、それとも協奏曲か……
 協奏曲だとしたら、≪運命≫というテーマと格闘できる楽器、ヴァイオリンしかないのではなかろうか……


 振り返ってみると、おそらく、このような思考過程を経て、そのモチーフをヴァイオリン協奏曲の主題とすると決定し、かつてからの懸案であった、ヴァイオリンの“魔性”が発現するような曲を書くことに挑戦してみたのです。


 作品集≪協奏曲の宴≫に収録した7曲中6曲を改訂する作業に、2012年末からとりかかりました。
 この改訂版では、ソロ楽器の演奏表現を大幅に改善していく予定です。
 (スコアについては、原則、2010年の譜面のままで改訂しません)
 すでに2曲の改訂を行いました。
 チェロ協奏曲「天上の蓮」クラリネット曲「不思議の国のワルツ」に引き続き、人の歌い方に似た表現を目指しています。

 さらに、ヴァイオリンの音色と細部の表現を、少しでも理想のヴァイオリンに近づけようと、さまざまな工夫を試みました。

 次の、曲のタイトルをクリックすると、試聴できます。


Metamorphosis of Destiny

Metamorphosis of Destiny


―Violin & Orchestra―

(9:13, WAVファイル)

作品集≪協奏曲の宴≫に収録

 


[作品集≪協奏曲の宴≫での説明]


 ヴァイオリン協奏曲タイプの管弦楽曲で、ヴァイオリンソロが縦横無尽に活躍します。短調の速いテンポの曲です。
 ベートーヴェンの交響曲第5番ハ短調≪運命≫からいくつかのアイデアを得て、作曲しました。主なポイントは以下の3点です。
≪運命≫交響曲の第1楽章の主題を変形したモチーフを、この曲<運命の変容>のテーマ主題にしています。
≪運命≫交響曲の第1楽章の第2主題導入部に、ホルンのファンファーレがありますが、そのホルンと類似のメロディーを、展開部の冒頭(3:14~)に置いています。
 ベートーヴェンはホルンのファンファーレをひとつのエピソードとして扱い、それをさらに展開しませんでした。私はそのことを残念に思いますので、この<運命の変容>ではホルンの類似メロディーをさまざまなバリエーションで展開してみました。
≪運命≫交響曲は、短調の曲ですが、第3楽章~第4楽章にかけて連続して演奏される際に、楽章が変わると同時に長調に劇的に転じます。この<運命の変容>では、ヴァイオリンの長い最後のカデンツァ(6:30~7:31)が終わり、オーケストラが復帰すると同時に、ニ短調からニ長調に転じます。
 古典派のヴァイオリン協奏曲の路線で作曲しました。ベートーヴェン的な(硬質な)モチーフをモーツァルト風に(柔和に)作曲する、という課題に挑戦してみた曲です。
 この曲では、曲想が何度か大きく転換します。曲全体の構成変化や、何度も登場するヴァイオリンとオーケストラとの絡み、カデンツァでのヴァイオリンソロなどが、この曲の聴きどころです。
 2009年3月作曲、ニ短調。ソナタ形式に準じた3部形式です。


楽器編成:
ソロ・ヴァイオリン、フルート2、オーボエ、クラリネット2、ファゴット、ホルン2、トランペット2、弦楽器群(ヴァイオリンⅠ・Ⅱ、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)、打楽器群(グロッケン、シロフォン、ベル、シンバル、ティンパニー)。


追記


◎ 科学史研究者・森幸也は、論考「ラマルクとベートーヴェン」において、ラマルクの『動物哲学』とベートーヴェンの“運命”交響曲の世界観の類似性を指摘しています。(『生物学史研究』No.75、2005年、25-42ページ)


◎森さちやの音楽作品(管弦楽曲、協奏曲など)は、

 ウェブサイト【森の音楽工房】

 で試聴できます。

 こちらにもどうぞお越し下さい。

 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ - クラシック

ジャンル - 音楽

△page top

△page top

Secret

△page top

トラックバックURL
→http://wood248.blog.fc2.com/tb.php/17-ea2bb552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

カテゴリ

全記事一覧リスト

最新記事

月別アーカイブ

コメントをどうぞ

最新コメント

最新トラックバック