08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 10

作曲と思索の愉しみ

オーケストラ作品の作曲・制作過程や、科学史と音楽史の研究にかかわる記録です。 森さちやの自作曲の公開も行います。 曲と思索を分かち合いたい。

管弦楽曲<女鳥羽川の夕暮れ>を公開 

Posted on 07:02:56

 
 久々の新曲公開です。
 松本市街地を流れる「女鳥羽川」と、その周辺の湧水群の印象を、管弦楽曲にしました。

 
 松本市は、標高約600メートルに位置し、山々に囲まれているため、豊富な地下水に恵まれ、市街地の中心地域に多くの井戸や湧水があります。
 昨年(2014年)の10月末に、私は、その「湧水群めぐり」をテーマにして、松本市街地の東側の女鳥羽川沿い、いくつものお寺が並んでいる地域を歩いてみました。
 この曲のモチーフは、その散策の際に、湧水のように浮かんできて、口ずさんでいたメロディーです。
 このモチーフを、オーケストラ曲にしてみよう。
 そう心に決めて、晴れやかな気分で散策を続けたのでした。
 松本の街の地下水脈に秘められているエネルギーが作ってくれた曲です。
 
 次の、曲のタイトルをクリックすると、試聴できます。

 
 
女鳥羽川の夕暮れ 
Metoba Stream in the Twilight 

―Orchestra―
(5:09, WAVファイル)
 
※ダウンロードがうまくいかない場合は、しばらく時間を置いてから試みて下さい。
 
 2014年11月作曲。
 2管編成に準じています。金管はホルンのみ、ティンパニーもなしの、小編成のオーケストラです。
 穏やかでリラックスできる曲に仕上がったと思います。
 
楽器編成:フルート2、オーボエ2、クラリネット2、バスーン1、ホルン2、シロフォン、グロッケンシュピール、弦楽器群(ヴァイオリンⅠ・Ⅱ、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)。
 
 女鳥羽川沿いで撮った写真を2枚、掲載しておきます。
 1枚目は、鍛冶橋から東方向を撮影、2枚目は、翌日、千歳橋から西方向を撮影したものです。
 二つの橋は、500mほど離れています。この二つの橋の間に、松本の名店が並ぶ、縄手通りと中町通りがあります。
 
女鳥羽川1 
鍛冶橋からの女鳥羽川[クリックで拡大写真]
 

女鳥羽川2 
千歳橋からの女鳥羽川[クリックで拡大写真]
 
※松本市の湧水群を散策した当時書いたブログ記事もご参照下さい。
 
<松本市の湧水群と、山廃純米酒『女鳥羽の泉』>
 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ - 作曲・編曲・アレンジ

ジャンル - 音楽

△page top

△page top

Secret

△page top

トラックバックURL
→http://wood248.blog.fc2.com/tb.php/114-2e4ab819
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

カテゴリ

全記事一覧リスト

最新記事

月別アーカイブ

コメントをどうぞ

最新コメント

最新トラックバック