06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 08

作曲と思索の愉しみ

オーケストラ作品の作曲・制作過程や、科学史と音楽史の研究にかかわる記録です。 森さちやの自作曲の公開も行います。 曲と思索を分かち合いたい。

松本市の湧水群と、山廃純米酒『女鳥羽の泉』 

Posted on 10:50:27

 
 1週間ほど前、私は信州に出かけ、松本市に2泊しました。松本に到着した日の午後、当初の予定通り、松本市街地に点在する「湧水群」を歩いて廻りました。

 
 標高約600メートルに位置し、山々に囲まれた松本は、豊富な地下水に恵まれ、市街地の中心地域に多くの井戸や湧水があるのです。そして、それらはしっかりと保全され、落ち着いた街並みに潤いを与えています。
 私は、以前から松本の街が好きで、歩いているだけで街の波長と共振する気がしていました(私はひそかに、松本を「複相都市」と呼んでいます。さまざまな顔を見せる都市です)。1年前に松本に来た際に、この湧水群の魅力に惹かれ、さらに松本が気に入りました。松本の街の生命力が、地下水脈から湧き上がる湧水のエネルギーに支えられている幻想を、私は抱きました。
 そして、今回の旅では、「湧水群めぐり」をテーマにして、松本市街地の東側の女鳥羽川沿い、いくつものお寺が並んでいる地域を歩いてみることにしたのです。
 

女鳥羽の泉 
妙勝寺の井戸 
[それぞれ、クリックで拡大写真]

 
 2時間ほどかけて、計8個所の井戸・湧水を廻りました。ホテル花月を出て、立ち寄った順に、井戸・湧水の名称を記しておきます。
 
 東門(ひがしもん)の井戸
 鯛萬(たいまん)の井戸
 女鳥羽(めとば)の泉[写真上]
 槻井泉(つきいずみ)神社の湧水
 妙勝寺の井戸[写真下]
 伊織(いおり)霊水
 龍興寺の湧水
 源智(げんち)の井戸
 
 どの水もまろやかで、やさしい味の水です。しかし、日本酒やワインのテイスティングと同様で、微妙に味わいが異なります。特にくせがあるという訳ではないのですが、滑らかさや、舌に残るかすかな味わいに違いがあります。
 地元の方が飲料水として、ペットボトルに入れている情景に出会いました。「鯛萬の井戸」では、すぐ近くの料亭の女将さんらしき人が、調理用の水を鍋に汲んでいました。「伊織霊水」は、名前負けしない品のよい水でした。
 「女鳥羽の泉」の水を口に含んでみると、予想に違わず、1年前に飲んだ山廃純米酒『女鳥羽の泉』のまろやかさと同質の感触を得ました。実は、湧水めぐりで最も楽しみにしていたのが、「女鳥羽の泉」の水で仕込む酒を醸している造り酒屋「善哉酒造」を訪れることだったのです。
 1年前の松本訪問の際は、ホテル花月のすぐ近くの「三代澤酒店」で四合瓶の純米酒を2本買って、自宅に送って飲んだのです。山廃純米酒『女鳥羽の泉』は、華やかな香り高いタイプではないのですが、穏やかでコクがあり、味わいのバランスが優れ、格調高いお酒です。成熟した大人の味わいの日本酒、と私は感じました。主張が強い酒でないため、和食によく合う、飽きのこない純米酒です。
 そして、このお酒を作った源水と、その造り酒屋「善哉酒造」をぜひとも訪ねてみたい、と思っていたのでした。
 「善哉酒造」では、その酒屋の女将さんと話をすることができました。とても話好きな方で、松本市街地ではこの酒蔵が最後の1件になってしまったことや、山廃作りの大変さや、ご主人(杜氏)の穏やかな性格がお酒に反映していることなどを話してくださいました。
 山廃純米酒『女鳥羽の泉』の穏やかな味わいは、湧水のまろやかさと、杜氏の性格の相乗効果である、と私は納得したのです。
 6種類ほど異なるタイプの『女鳥羽の泉』を試飲して、今回は、「純米吟醸原酒」と「山廃純米酒」を購入しました。古酒にも惹かれたのですが、日常的に飲む酒にはならないと判断し、思いとどまりました。「山廃純米酒」は相変わらず風格を感じさせる見事な味わいでした。「純米吟醸原酒」は、酸味の利いた、コクのあるまろやかな吟醸酒でした。
 古い建造物や、人形や民芸家具などの伝統文化を大切に守ってきている松本という街にふさわしい、松本の風土を反映した酒造りがなされている、と感じ、うれしく思いました。
 

女鳥羽川
[女鳥羽川の夕暮れ、クリックで拡大写真]

 
 ホテル花月に帰り、大浴場「深志の湯」に入ると、お湯に湧水を用いていました。温泉ではないのですが、水道のお風呂とは明らかに肌触りが異なり、滑らかな感触のお湯です。その湯船にに浸かり、ゆったりくつろぐことができたのでした。
 
松本をホームとするサッカーチーム、「松本山雅」が、J1昇格を果たしました。昨日(11/1)の、船山選手と山本選手のゴールは見事でした。おめでとうございます。

 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ - 信州

ジャンル - 地域情報

未分類  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

トラックバックURL
→http://wood248.blog.fc2.com/tb.php/104-865f21b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

カテゴリ

全記事一覧リスト

最新記事

月別アーカイブ

コメントをどうぞ

最新コメント

最新トラックバック