10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 12

作曲と思索の愉しみ

オーケストラ作品の作曲・制作過程や、科学史と音楽史の研究にかかわる記録です。 森さちやの自作曲の公開も行います。 曲と思索を分かち合いたい。

仏教の無我説と、地動説・生物進化論・大陸移動説 

Posted on 06:45:47

 
 われわれは、生れ落ちたときからずっと、「変わることのない自分」が存在している、と思い込みがちです。しかし、それは錯覚である、と仏教は教えます。
 「自己」とは固定的存在ではなく、さまざまな条件に左右され、絶えず変化し続ける流動的プロセスであり、「不変の主体としての自己」という見方は虚構に過ぎない、というのが、仏教の「無我説」です。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

テーマ - 文明・文化&思想

ジャンル - 学問・文化・芸術

△page top

アナログ・ミキサーへの回帰 

Posted on 09:24:27

 
 およそ半年前、2015年4月に、音楽制作システムを再構築することを決断し、見切りをつけたハードウェア4台を処分しました。そのうちの1台が、10年近く使い続けてきた、YAMAHA AW4416 という機材(ディジタル・オーディオ・ワークステイション[DAW]、ディジタル・ミキサー兼録音機)でした。

-- 続きを読む --

テーマ - DTM

ジャンル - 音楽

音楽制作  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

音楽には阿頼耶識を浄化する働きがある―プラトンの音楽論― 

Posted on 09:04:53

 
 古代ギリシアの哲学者・プラトンは、彼の著作『国家』のなかで実に興味深い音楽論を展開しています。
 健全なる成熟した市民を育てるには、「音楽・文芸による教育は、決定的に重要」である、とプラトンは主張します(藤沢令夫訳『国家』401D、『プラトン全集11』岩波書店、1976年、p.219)

-- 続きを読む --

テーマ - 文明・文化&思想

ジャンル - 学問・文化・芸術

△page top

カテゴリ

全記事一覧リスト

最新記事

月別アーカイブ

コメントをどうぞ

最新コメント

最新トラックバック