02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 04

作曲と思索の愉しみ

オーケストラ作品の作曲・制作過程や、科学史と音楽史の研究にかかわる記録です。 森さちやの自作曲の公開も行います。 曲と思索を分かち合いたい。

「魔弾の射手」序曲のホルン四重奏の響き 

Posted on 09:36:07

 
 前回のブログ記事、<序曲の魅力>に書いたように、私は最近、「序曲」というジャンルを聴き込んでいます。何曲かについては、スコア研究が必要と判断しました。
 今回取り上げる、ウェーバーの「魔弾の射手」序曲に関しては、ポケットスコアを八王子の山野楽器で3月19日に入手しました。
 スコアを見ながらCDの演奏を聴いた結果、いくつか気づいた点が出てきました。そのなかでもとりわけ興味深い点について、このブログに記しておくことにします。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

テーマ - クラシック

ジャンル - 音楽

△page top

序曲の魅力 

Posted on 06:48:26

 
 年度替わりの時節柄、「序曲」というタイプの曲種が聴きたくなります。オペラの幕開けに先立って演奏される楽曲です。
 この二日間、オペラの「序曲」を集めたCDを3枚、聴き込みました。序曲には、特有の魅力があることを、再確認できました。
 今回は、私が感じ取った序曲に宿る魅力の要因を、いくつか列挙してみようと思います。

-- 続きを読む --

テーマ - クラシック

ジャンル - 音楽

△page top

老子は武道の達人であったかもしれない 

Posted on 06:33:22

 
 これは単なる思いつきですが、『老子』の英文訳を読んでいるときにイメージされてきた人物像で、日本語訳からは想像できなかったことなので、書き記しておくことにしました。
-- 続きを読む --

テーマ - 文明・文化&思想

ジャンル - 学問・文化・芸術

△page top

カテゴリ

全記事一覧リスト

最新記事

月別アーカイブ

コメントをどうぞ

最新コメント

最新トラックバック