11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 01

作曲と思索の愉しみ

オーケストラ作品の作曲・制作過程や、科学史と音楽史の研究にかかわる記録です。 森さちやの自作曲の公開も行います。 曲と思索を分かち合いたい。

作曲は何と似ているか(2)カンニングの摘発と似ている 

Posted on 09:36:09


 作曲は何と似ているか(1)の続きです。

 これは作曲とよく似ている、と私が感じたいくつかの事柄を取り上げて、なぜ似ていると感じたのかを検討していくシリーズです。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

テーマ - 作詞・作曲

ジャンル - 音楽

△page top

竹端寛『枠組み外しの旅』を読んで考えたこと 

Posted on 09:47:34


 職場の同僚の竹端さんから、縁あって、この本をいただきました。
 
 竹端寛『枠組み外しの旅』(青灯社、2012年)
 
 とても読みやすい、人を惹きつける文体で書かれているためか、没入して読みました。
 読み進めていくうちに、この本のテーマに関連するさまざまな事柄へと思索が広がっていきました。
 まず、この書物の主題を簡単に紹介して、続いてこの本に刺激されて生成してきた私の思考の断片のいくつかを語ってみようと思います。

-- 続きを読む --

テーマ - 読書メモ

ジャンル - 学問・文化・芸術

学問論  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

管弦楽曲「冬の旅路」を公開 

Posted on 08:59:06


 この曲のタイトル「冬の旅路」の“旅路”は、現実の外界での身体的行動としての旅路であるとともに、内的な精神活動の遍歴としての旅路、をも暗示しています。
 

 連作の管弦楽組曲≪幻想の四季≫の第4楽章として作曲しました。

-- 続きを読む --

テーマ - クラシック

ジャンル - 音楽

△page top

2011.3.11以降、研究者として考えたこと(2) 

Posted on 12:02:33

 東日本大震災と、福島原発事故を受けて、私なりに、今後の学問のあり方を考えてきました。
 

 今、学問はどうあるべきか(1)では、
 

§1.対象世界の変貌 において、
 学問の探究対象である世界が変貌したこと、現代の問題群が顕在化したこと、学問分野はこれらの衝撃を真摯に受け止めるべきだということ、を指摘しました。
 
§2.学問分野の枠組・前提の見直し においては、
 今、学問に要請されている喫緊の課題は、<各分野が暗黙のうちに仮定している考え方や、前提となる公理・価値観を洗い出し、再検討すること>である、と提起しました。
 
 学問の対象世界が変貌し、問題群が顕在化した現在、従来の枠組・価値観のままでよいのか、自覚的反省が迫られているのではないでしょうか。
 

 その続きの文章を、以下に掲載します。
 
 興味ある方はどうぞご覧下さい。

-- 続きを読む --

テーマ - 文明・文化&思想

ジャンル - 学問・文化・芸術

学問論  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

2011.3.11以降、研究者として考えたこと(1) 

Posted on 11:44:09

 2011年3月の大災害・大惨事以降、世界が変わってしまった、と実感するようになりました。
 そして、変貌してしまったこの世界では、今までの決まりきった、慣れ親しんだやり方では通用しなくなる事柄が、どの分野でもいろいろと出てくるだろう、と考えました。
 
 科学史研究者としての立場から、私は、学問のあり方もこの衝撃をきちんと受け止めて、今後の学問はどうあるべきかを考えていかなければならない、と思うようになりました。
 
 私なりに考えてきた内容を、大学教員や研究者を読者対象とした紀要に執筆する機会が得られました(たぶん、巻頭言になります)。
 
 それに向けて書いた文章を、2回に分けて、以下に掲載します。
 
 興味ある方はご覧下さい。

-- 続きを読む --

テーマ - 文明・文化&思想

ジャンル - 学問・文化・芸術

学問論  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

私の手順―作曲・音楽制作の概略― 

Posted on 15:49:28


 今回は、作曲を開始してから、
 録音されたオーケストラ曲が完成するまでの、
 制作過程の概略をお話します。
 より詳しい話は、いずれ説明する予定です。
 とりあえず、今日はアウトラインのみを示します。

  Woodwind Studio

  森の音楽工房のスタジオ風景↑(クリックで拡大写真)

-- 続きを読む --

テーマ - DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

ジャンル - 音楽

音楽制作  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

カテゴリ

全記事一覧リスト

最新記事

月別アーカイブ

コメントをどうぞ

最新コメント

最新トラックバック