08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 10

作曲と思索の愉しみ

オーケストラ作品の作曲・制作過程や、科学史と音楽史の研究にかかわる記録です。 森さちやの自作曲の公開も行います。 曲と思索を分かち合いたい。

ケプラーの「惑星の音楽」とガッフーリオの「惑星の旋法」 

Posted on 06:25:01

 
 前回のブログ記事で、ルネッサンス期の音楽理論家、フランキーノ・ガッフーリオの発想、「惑星と旋法との照応」の構図を紹介しました。
 今回は、その発想と、ケプラーの「惑星の音楽」とを比較してみようと思います。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

テーマ - 星・宇宙

ジャンル - 学問・文化・芸術

△page top

惑星と旋法との照応―惑星の音楽のルネサンス版― 

Posted on 09:16:27

 
 古代ギリシア、ピュタゴラスやプラトンの時代より、天体の運行と音楽的な協和との間には関連があると想定されてきました。近世には、17世紀初頭、楕円軌道論を提起したケプラーが、「惑星の音楽」を『宇宙の調和』に書き記しました。
 その100年ほど前、ルネサンス期には、著名な音楽理論家ガッフーリオによって、ケプラーの「惑星の音楽」の祖先形のような発想が描かれていました。
 今回は、そのガッフーリオによる「惑星の旋法」のアイディアを紹介することにします。

-- 続きを読む --

テーマ - 星・宇宙

ジャンル - 学問・文化・芸術

△page top

キルヒャーの『普遍音樂』に伏在する音律の問題 

Posted on 11:55:27

 
 前回のブログ記事で取り上げた、アタナシウス・キルヒャーの『普遍音樂』について、今回は音律の観点から考察します。
 キルヒャーの生きていた17世紀は、バロック音楽の時代です。ルネッサンス期に主流であった純正律に替わる音律が、模索されていた時代でした。
 キルヒャーのこの著作には、当時の音律の状況が如実に反映されています。

-- 続きを読む --

テーマ - 博物学・自然・生き物

ジャンル - 学問・文化・芸術

△page top

キルヒャーの『普遍音樂』の根本思想 

Posted on 11:59:15

 
 17世紀の稀代の碩学、アタナシウス・キルヒャーが著した、『普遍音樂』という奇書がありますMusurgia universalis, 1650)。あまりに幅広い事柄を扱っているため、とても要約などできそうにない書物なのですが、あえて、この著作の核心となるエッセンスを、抽出してみたいと思います。

-- 続きを読む --

テーマ - 博物学・自然・生き物

ジャンル - 学問・文化・芸術

△page top

バロック時代における、器楽と実験的精神 

Posted on 08:56:07

 
 17世紀のバロック音楽の成立において、同時代の科学革命と同様に、数理的思考と機械論的世界観、さらに実験的精神とが深い係わりを持っていた。
 そのような持論を、前回のブログ記事<バロック音楽における、数字付き通奏低音と、機械論的世界観>では展開しました。
 今回は、前回省略したポイント、「実験的精神」がバロック音楽の器楽曲の発展に大きな役割を演じていたことを、述べてみたいと思います。


-- 続きを読む --

テーマ - 文明・文化&思想

ジャンル - 学問・文化・芸術

△page top

カテゴリ

全記事一覧リスト

最新記事

月別アーカイブ

コメントをどうぞ

最新コメント

最新トラックバック