FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 01

作曲と思索の愉しみ

オーケストラ作品の作曲・制作過程や、科学史と音楽史の研究にかかわる記録です。 森さちやの自作曲の公開も行います。 曲と思索を分かち合いたい。

スノーボールとCO2―流行に左右される要因論・その1― 

Posted on 09:08:28

 
 1990年代に、地球科学の分野で、「スノーボール・アース」という仮説が登場しました。現在ではほぼ通説となっているようですが、どのようなメカニズムでスノーボールに到ったのかという要因についての説明は、この十数年で大きく様変わりしました。
 その要因論の変遷は、多少とも「流行」に左右されていた、という見方を提起したいと思います。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

テーマ - 自然科学

ジャンル - 学問・文化・芸術

△page top

いのちの流れと雲の流れ―ラマルクとメンデルの共通点― 

Posted on 09:04:28

 
 進化論を初めて体系的に論じたラマルクと、遺伝学の基本コンセプトを提案したメンデル、この二人の間には、意外な共通点があります。
 そのひとつは、二人とも、気象に深い関心をもち、自らの生物学的探究と同様な手法を、気象学的研究にも適用しようとしていたことです。

-- 続きを読む --

テーマ - 博物学・自然・生き物

ジャンル - 学問・文化・芸術

△page top

天変地異説を否定したラマルク 

Posted on 11:15:28

 
 ラマルクの『動物哲学』には、動物の分類や進化に関する事柄のみならず、それらに関連する様々な論点が、議論されています。
 今回は、その中から、「天変地異説」に対するラマルクの見解を紹介しようと思います。

-- 続きを読む --

テーマ - 博物学・自然・生き物

ジャンル - 学問・文化・芸術

△page top

2016年のピーク以降、地球の平均気温は急下降している 

Posted on 08:47:50

 
 気象衛星ノアの測定による、地球の平均気温は、2016年にひとつのピークを迎えたものの、その後、2018年の前半にいたるまで、下降しています。
 平年値との比較で、大まかには、+0.8℃から+0.2℃へと、0.6℃も下降しています。
 次のグラフをご覧ください。

-- 続きを読む --

テーマ - 自然科学

ジャンル - 学問・文化・芸術

△page top

論文「生物進化論と地球温暖化説、論争としての類似構造」の紹介 

Posted on 08:51:44

 
 最近執筆した論文(*)が、ウェブ上に公開されましたので、紹介します。
 次のタイトルをクリックすると、PDFファイルが開きます。
 
「生物進化論と地球温暖化説、論争としての類似構造」
(ファイル名:22-017-034.pdf)
 
山梨学院生涯学習センター紀要『大学改革と生涯学習』(第22号、2018年)に掲載された論文です。
 
 この論文の要旨は、以下の通りです。

-- 続きを読む --

テーマ - 博物学・自然・生き物

ジャンル - 学問・文化・芸術

△page top

ブログ

カテゴリ

全記事一覧リスト

最新記事

コメントをどうぞ

最新コメント

最新トラックバック